小児歯科はいつから

小児歯科を受診するには

小児歯科での予防はいつから

予防を重視する小児歯科では、定期的な健診を勧めています。定期検診では、口の中のチェックはじめセルフケアの歯磨きで磨き残しのある部分のクリーニングと歯磨き方法のアドバイス、フッ素塗布を受けることができます。磨き残しのプラークはむし歯の原因菌の棲みかなので、定期的に受診して専門的なクリーニングを受けることで虫歯のリスクを低減することができます。いつから定期健診を始めるかについては、小児歯科では歯が生えたらできるだけ早くからの受診を勧めています。子供の歯は表面が軟らかくむし歯になりやすく進行も速いので、適切な間隔で健診を受けることで早期発見・負担の少ない簡単な治療ですみます。

小児歯科で大切なこと

小児歯科に求められるのは、先生の対応の良さです。聞きなれない音や痛み、院内の雰囲気など、子どもは歯医者を怖がりがちです。親がいくら大丈夫と言っても、なかなか不安が消えるものではありません。そんな時頼りになるのが、先生の対応です。優しく声かけや質問をしてもらえれば子どもは落ち着くことができます。自分でも質問に答えるなどしてリラックスできるので、親とだけではなく、子どもに先生が積極的に話しかけることはとても大事です。そのことを知っている小児歯科の先生は安心できます。子どもの目線でしっかり対話してくれる先生を選ぶべきです。

↑PAGE TOP

Copyright © 小児歯科を受診するには All rights reserved